おとなの日 でのライブ

クルミドコーヒー[オトナの日]

今月のテーマ「潤う」

チェロ:黒川実咲、アコーディオン:土屋恵

2017年6月4日(日)9:00〜
定員 18名

大人 ¥2,000 / 高校生以下 ¥1,000
ワンドリンク込み
※お席を用意しないでいいちっちゃなキミは、タダでOK!


なんと!音の葉houseではピアノを演奏してくださる土屋恵さんが 
クルミドコーヒーではアコーディオンに持ち替えて登場します。
音の葉では初めてのアコーディオン!!
これは期待せずにはいられません。
チェロともよく合うアコーディオンの音色、必聴です。(ながはら)

kei

クルミドコーヒーでのライブのご予約は、お店に直接ご連絡ください。
電話 042-401-0321(10時半〜22時半)
メール info@kurumed.jp

kei

音の葉コンサートでは、クラシックを肩肘張らない
もっと気軽で身近なものにしていけたらという思いから、
子育て中のお父さんやお母さんにも、
そしてこどもたちにも
生の音を聴いてもらいたいと考えています。
中には、急に泣きだす、動き出すという子もいるかもしれませんが
どうかご理解のほど、お願い申し上げます。
(演奏家の方々にもご了承いただいております)

クルミドコーヒー[オトナの日]

今月のテーマ「跳ぶ」

木管三重奏団エミリ
オーボエ:炭崎友絵、クラリネット:村上あづみ、ファゴット:丸山佳織

2017年5月20日(土)9:00〜
定員 18名

大人 ¥2,000 / 高校生以下 ¥1,000
ワンドリンク込み
※お席を用意しないでいいちっちゃなキミは、タダでOK!

Player
オーボエ:炭崎友絵 Tomoe Sumizaki

好きな曲:オーボエ・ダモーレ協奏曲 J.S バッハ

この曲は高校生の時、大学受験曲を聞こうと思い購入したCDにたまたま入っていました。
上手くいかないとき悩んだとき 聞くと気持ちが落ち着くようなそんな力がある曲。
とても美しい旋律と胸がキュッとするようなハーモニー。
大好きな曲です!!


クラリネット:村上あづみ Azumi Murakami

好きな曲:マ・メール・ロア ラヴェル

中学生の時の吹奏楽コンクールで演奏した曲で、無我夢中で頑張っていたのを思い出し、 初心にかえることが出来る曲。美しいメロディーも相まって涙が出てしまいます。


ファゴット:丸山佳織 Kaori Maruyama

好きな曲:バレエ 「くるみ割り人形」 チャイコフスキー

可愛らしさの中に 繊細で濃厚な表現がたくさん散りばめられていて、 私が好きなファンタジーの世界へビューンと連れて行ってくれるから好きです!


9月のオーディションを受けてくれたこの3人、素晴らしいハーモニーを聴かせてくれます。
息のあった演奏は お互いに全体を把握しつつ、自分の音を非常に繊細に響かせ、音楽を作っていきます。
その絶妙な音は 背中がぞくっとくるほど。
どうぞみなさまも ひとつひとつの楽器の音に集中して 聴いてみてください。
新しい発見がいくつもあると思います。(ながはら)

kei

クルミドコーヒーでのライブのご予約は、お店に直接ご連絡ください。
電話 042-401-0321(10時半〜22時半)
メール info@kurumed.jp

kei

音の葉コンサートでは、クラシックを肩肘張らない
もっと気軽で身近なものにしていけたらという思いから、
子育て中のお父さんやお母さんにも、
そしてこどもたちにも
生の音を聴いてもらいたいと考えています。
中には、急に泣きだす、動き出すという子もいるかもしれませんが
どうかご理解のほど、お願い申し上げます。
(演奏家の方々にもご了承いただいております)

クルミドコーヒー[オトナの日]

今月のテーマ「始める」

オーボエ:舩津美雪、ピアノ:中澤頼子

2017年4月23日(日)9:00〜
定員 18名

大人 ¥2,000 / 高校生以下 ¥1,000
ワンドリンク込み
※お席を用意しないでいいちっちゃなキミは、タダでOK!

Player
オーボエ 舩津美雪 Miyuki Funatsu

好きな曲:R.シューマン 3つのロマンス 

東北大震災の後、しばらく楽器を吹けませんでした。でもその後、ふと浮かんだのがこの曲。湧き上がってくる強い想いと、相反する儚い弱さと。その両面が混ざり合って、心を奪われます。


ピアノ:中澤頼子 Yoriko Nakazawa

好きな曲 シューベルト 「ピアノソナタD960」

微笑みと涙が複雑に絡み合ったような繊細なこころを感じる曲。
葉にならない感情が音になっているところがたまらなく好き。


中澤頼子は、音の葉を立ち上げた時のまさに一番最初から関わってくれているピアニスト。苦楽を共にしてきた人です。演奏も申し分なく、久しぶりの出演をとても喜んでくれています。(私がとっても嬉しい!)
オーボエの舩津美雪は、頼子さんの生徒さんのピアノ発表会に出演し、その縁で今回のデュオが決定しました。
音の葉を続けてきて、今まで出逢うことのなかった人たちが出逢い、こうして演奏をお願いできるようになってきた。私にとってこんなに嬉しいことはありません。ここのところ、こうしたことが続いていて、本当にありがたいと思っています。(ながはら)

kei

クルミドコーヒーでのライブのご予約は、お店に直接ご連絡ください。
電話 042-401-0321(10時半〜22時半)
メール info@kurumed.jp

kei

音の葉コンサートでは、クラシックを肩肘張らない
もっと気軽で身近なものにしていけたらという思いから、
子育て中のお父さんやお母さんにも、
そしてこどもたちにも
生の音を聴いてもらいたいと考えています。
中には、急に泣きだす、動き出すという子もいるかもしれませんが
どうかご理解のほど、お願い申し上げます。
(演奏家の方々にもご了承いただいております)

クルミドコーヒー[オトナの日]

今月のテーマ「祈り」

ヴァイオリン:山口優香、ピアノ:早坂なつき

2017年3月18日(土)9:00〜
定員 18名

大人 ¥2,000 / 高校生以下 ¥1,000
ワンドリンク込み
※お席を用意しないでいいちっちゃなキミは、タダでOK!

Player
ヴァイオリン:山口優香 Yuka Yamaguchi

好きな曲:シューマン/ヴァイオリンソナタ 第2番 ニ短調 op.121

初めて聴いた時から、この曲の虜になりました。

シューマンのその人生を語るような、 そしてシューマンの心の流れが 1つ1つの音に乗って表現されているような繊細で美しい音楽。

この曲を弾くたびに、私は説明出来ない感情の波にのまれ、
当時のシューマンの苦しみが手にとるようにわかる。
自分自身も苦しくなり、もっともっとこの曲を表現したくなる。


ピアノ:早坂なつき Natsuki Hayasaka

好きな曲:モーツァルト ピアノ協奏曲第27番

穏やかな時も辛い時も、どんな感情の時でもそっと心に寄り添ってくれる気がします。
少ない音で美しい響きを持つ2楽章が特に大好きです。

kei

クルミドコーヒーでのライブのご予約は、お店に直接ご連絡ください。
電話 042-401-0321(10時半〜22時半)
メール info@kurumed.jp

kei

音の葉コンサートでは、クラシックを肩肘張らない
もっと気軽で身近なものにしていけたらという思いから、
子育て中のお父さんやお母さんにも、
そしてこどもたちにも
生の音を聴いてもらいたいと考えています。
中には、急に泣きだす、動き出すという子もいるかもしれませんが
どうかご理解のほど、お願い申し上げます。
(演奏家の方々にもご了承いただいております)

クルミドコーヒー[オトナの日]

今月のテーマ「静まる」

チェロ:山田菜々子、ピアノ:吉國美紀

2017年2月25日(土)9:00〜
定員 18名

大人 ¥2,000 / 高校生以下 ¥1,000
ワンドリンク込み
※お席を用意しないでいいちっちゃなキミは、タダでOK!

Player
チェロ:山田菜々子 Nanako Yamada

好きな曲:ラ・フォリア

コレッリ、マレー、ヴィヴァルディ、ラフマニノフ、、、
様々な作曲家が惹きつけられてきたフォリアのテーマとその情熱的な変奏。
言葉にできない感情が次々と芽生えるかのように曲が姿を変えていく様子に、
いつも心が躍ります。


ピアノ 吉國美紀 Miki Yoshikuni

好きな曲 「ひとつだけ」矢野顕子

世の中には素晴らしい音楽がたくさんあるので、
「この曲が好き」と選ぶことはできませんが、
今の自分が挙げるなら、この曲です。
いろんなスタイルを、その人らしく、
自由に表現できるミュージシャンが好きです。

特技
四つ葉のクローバーを見つけること。
ソフトクリームを きれいに巻けること。

kei

クルミドコーヒーでのライブのご予約は、お店に直接ご連絡ください。
電話 042-401-0321(10時半〜22時半)
メール info@kurumed.jp

kei

音の葉コンサートでは、クラシックを肩肘張らない
もっと気軽で身近なものにしていけたらという思いから、
子育て中のお父さんやお母さんにも、
そしてこどもたちにも
生の音を聴いてもらいたいと考えています。
中には、急に泣きだす、動き出すという子もいるかもしれませんが
どうかご理解のほど、お願い申し上げます。
(演奏家の方々にもご了承いただいております)

クルミドコーヒー[オトナの日]

今月のテーマ 未定

ヴィオラ:小淵早保子、チェロ:寺島志織

2017年1月28日(土)9:00〜
定員 18名

大人 ¥2,000 / 高校生以下 ¥1,000
ワンドリンク込み
※お席を用意しないでいいちっちゃなキミは、タダでOK!

Player
チェロ 寺島志織 Shiori Terashima

好きな曲:コル・ニドライ/ブルッフ、《4つの小品》 より No.2/ブラームス

この2曲は大学受験の時に聴いていた大好きな曲。ブルッフはいつか…オーケストラバックで弾いてみたい1曲でもあります。美しいメロディーの中にある切なさに、いつも胸がキュンとしてしまいます。音楽で悩んだ時も、音楽で助けられます。

kei

クルミドコーヒーでのライブのご予約は、お店に直接ご連絡ください。
電話 042-401-0321(10時半〜22時半)
メール info@kurumed.jp

kei

音の葉コンサートでは、クラシックを肩肘張らない
もっと気軽で身近なものにしていけたらという思いから、
子育て中のお父さんやお母さんにも、
そしてこどもたちにも
生の音を聴いてもらいたいと考えています。
中には、急に泣きだす、動き出すという子もいるかもしれませんが
どうかご理解のほど、お願い申し上げます。
(演奏家の方々にもご了承いただいております)

クルミドコーヒー[オトナの日]

今月のテーマ 「喜ぶ」

ピアノ:林朝美、ヴァイオリン:新妻聖美(ゲスト出演)

2016年12月4日(日)9:00〜
定員 18名

大人 ¥2,000 / 高校生以下 ¥1,000
ワンドリンク込み
※お席を用意しないでいいちっちゃなキミは、タダでOK!

Player
ピアノ:林朝美 Asami Hayashi

好きな曲 ラヴェル 道化師の朝の歌

道化師(=ピエロ)と言うと楽しくおどけたイメージがありますが、この曲は道化師の内面を描いた曲です。

スペインギターを模範した演奏や、重音のグリッサンドなど、一見とても華やかな曲ですが、楽しそうなお祭りの音の裏に、道化師が感じる憂いや哀愁が込められています。

意味を知ると、もう一度聴きたくなる、そんな一曲です。

kei

クルミドコーヒーでのライブのご予約は、お店に直接ご連絡ください。
電話 042-401-0321(10時半〜22時半)
メール info@kurumed.jp

kei

音の葉コンサートでは、クラシックを肩肘張らない
もっと気軽で身近なものにしていけたらという思いから、
子育て中のお父さんやお母さんにも、
そしてこどもたちにも
生の音を聴いてもらいたいと考えています。
中には、急に泣きだす、動き出すという子もいるかもしれませんが
どうかご理解のほど、お願い申し上げます。
(演奏家の方々にもご了承いただいております)

クルミドコーヒー[オトナの日]

今月のテーマ 「心待ちにする」

クラリネット:市川響、ピアノ:片岡健人

2016年11月5日(土)9:00〜
定員 18名

大人 ¥2,000 / 高校生以下 ¥1,000
ワンドリンク込み
※お席を用意しないでいいちっちゃなキミは、タダでOK!

Player
クラリネット 市川 響 Kyo Ichikawa

好きな曲 ジョン・ウィリアムズ作曲 映画「シンドラーのリスト」より テーマ

ジョン・ウィリアムズ氏の数ある名作の中でもひと際胸を打つ1曲だと思い、この曲を選びました。ユダヤ人迫害という歴史に残る悲劇の中で揺れ動く人間の心そのものを描き出したこの曲に、ユダヤ系のヴァイオリニスト、イツァーク・パールマン氏がよりいっそうリアルに、命を吹き込んでいるようだと感じます。
作曲家と演奏者、2人の確かな技術と豊かな精神性によって生み出されるこの1曲には、憧れを抱かずにはいられません。


ピアノ 片岡健人 Taketo Kataoka

好きな曲 ヴォカリース 
by S.Rachmaninoff

まるでため息のような、ゆったりとした旋律と、ラフマニノフ特有の繊細な色彩感は、とても切なく、物悲しさに溢れています。
大泣きして感動するというよりは、心が熱くなり、少しずつ、彼の世界観に惹き込まれていきます。

kei

クルミドコーヒーでのライブのご予約は、お店に直接ご連絡ください。
電話 042-401-0321(10時半〜22時半)
メール info@kurumed.jp

kei

音の葉コンサートでは、クラシックを肩肘張らない
もっと気軽で身近なものにしていけたらという思いから、
子育て中のお父さんやお母さんにも、
そしてこどもたちにも
生の音を聴いてもらいたいと考えています。
中には、急に泣きだす、動き出すという子もいるかもしれませんが
どうかご理解のほど、お願い申し上げます。
(演奏家の方々にもご了承いただいております)

クルミドコーヒー[オトナの日]

今月のテーマ 「温まる」

フルート:下払桐子、オーボエ:舩津美雪

2016年2月27日(土)9:00〜
定員 18名

大人 ¥2,000 / 高校生以下 ¥1,000
ワンドリンク込み
※お席を用意しないでいいちっちゃなキミは、タダでOK!

Player
フルート:下払桐子 Kiriko Shimobarai

好きな曲 ライネッケ作曲 フルートソナタ「ウンディーネ」

水の精ウンディーネの恋物語を曲にしたこのソナタ。
愛する人に対する、憧れ、尊敬、切なさ、感謝、怒り、喜び…言葉にできない様々な愛の気持ちが詰まっています。
吹く時は自分に当てはめちゃったりして…感情移入しやすい私です。


オーボエ 舩津美雪 Miyuki Funatsu

好きな曲:R.シューマン 3つのロマンス 

東北大震災の後、しばらく楽器を吹けませんでした。でもその後、ふと浮かんだのがこの曲。湧き上がってくる強い想いと、相反する儚い弱さと。その両面が混ざり合って、心を奪われます。

kei

クルミドコーヒーでのライブのご予約は、お店に直接ご連絡ください。
電話 042-401-0321(9時〜23時)
メール info@kurumed.jp

kei

音の葉コンサートでは、クラシックを肩肘張らない
もっと気軽で身近なものにしていけたらという思いから、
子育て中のお父さんやお母さんにも、
そしてこどもたちにも
生の音を聴いてもらいたいと考えています。
中には、急に泣きだす、動き出すという子もいるかもしれませんが
どうかご理解のほど、お願い申し上げます。
(演奏家の方々にもご了承いただいております)

クルミドコーヒー[オトナの日]

今月のテーマ 「始まる」

THE SHAKUHACHI TRIO

尺八:松村湧太、鍵盤楽器:佐々木聖也、打楽器:三矢真之

2016年1月10日(日)9:00〜
定員 18名

大人 ¥2,000 / 高校生以下 ¥1,000
ワンドリンク込み
※お席を用意しないでいいちっちゃなキミは、タダでOK!

CYH3UBfU0AEzLmh


音の葉コンサートに初登場!The SHAKUHACHI TRIOです。

1/22(金)渋谷 伝承ホールでの“ファーストフライト”を控えて、乗りに乗っているこのユニット。音の葉メンバーの三矢真之くんが参加している、尺八・鍵盤・打楽器、三者の合奏が生み出すあたらしい音楽です。

「イケメン三人組」との異名も持つ彼らの、今まさに飛び立とうとする瞬間を間近で体験できるまたとない機会です。

ぜひお越しください。

THE SHAKUHACHI TRIOホームページ

CYH3UCIUAAE2N-w

kei

クルミドコーヒーでのライブのご予約は、お店に直接ご連絡ください。
電話 042-401-0321(9時〜23時)
メール info@kurumed.jp

kei

音の葉コンサートでは、クラシックを肩肘張らない
もっと気軽で身近なものにしていけたらという思いから、
子育て中のお父さんやお母さんにも、
そしてこどもたちにも
生の音を聴いてもらいたいと考えています。
中には、急に泣きだす、動き出すという子もいるかもしれませんが
どうかご理解のほど、お願い申し上げます。
(演奏家の方々にもご了承いただいております)

クルミドコーヒー[オトナの日]

今月のテーマ 「待ち望む」

ヴァイオリン:槌田委世(つちだともよ)、ヴァイオリン:加藤優美

2015年12月13日(日)9:00〜
定員 18名

大人 ¥2,000 / 高校生以下 ¥1,000
ワンドリンク込み
※お席を用意しないでいいちっちゃなキミは、タダでOK!

Player
ヴァイオリン:加藤 優美 Yumi Kato

好きな曲
八村義夫 「ヴァイオリンとピアノのためのインプロヴィゼーション」

現代曲が好き。それらを勉強するきっかけとなった、個人的に想い入れのある作品。
狂気をはらんだ、生々しい、痛みと紙一重の美しさがある。


ヴァイオリン:槌田委世 Tomoyo Tsuchida

好きな曲
ショスタコーヴィチ 弦楽四重奏曲
好きな理由
凄まじい緊張感と戦慄の内面に隠された涙やナイーヴな心の温かさが、静かに力強く表現されていてたまらん。
15曲全てを演奏する事が、絶対目標。

kei

クルミドコーヒーでのライブのご予約は、お店に直接ご連絡ください。
電話 042-401-0321(9時〜23時)
メール info@kurumed.jp

kei

音の葉コンサートでは、クラシックを肩肘張らない
もっと気軽で身近なものにしていけたらという思いから、
子育て中のお父さんやお母さんにも、
そしてこどもたちにも
生の音を聴いてもらいたいと考えています。
中には、急に泣きだす、動き出すという子もいるかもしれませんが
どうかご理解のほど、お願い申し上げます。
(演奏家の方々にもご了承いただいております)